アグリ浜名湖 » オリーブの炭

オリーブの炭

毎年成長の早いオリーブはかなりの剪定を要する

加えて今年は間引きにより大量の剪定枝が生じた

いつもであれば 細木や葉は圃場に細断機で返し 太い枝は捨てるか薪にするしか方法がなかったが

昨年三ケ日の舎房窯(しゃぼうよう)という炭焼き窯を持つ方と知り合いになったので

今季は新たに”炭”という手段ができるようになったのは非常に嬉しい事

201114_113745_00017087 DSC_0083

 

ある程度以上の太枝を真っすぐに約20㎝の長さに切り揃える

何故かというと下記の写真をみればよく分かる 積んだ姿は芸術的とも云えるかも

DSC_0014 DSC_0079 

隙間なく窯に詰めないと炭ならずに皆燃えてしまう為のようだ 今回は2回目の挑戦

前回は太いものは多少煙が出たものもあり より窯の温度を上げてみるかと 健さん。

持ち込んでから約一か月が過ぎメールがきた

「奥田さん とんでもないものができたよ」と

最初どちらの意味でとっていいのか判らず困惑したが 温度を上げて焼いたため

かなり良い炭ができたようだ

確かに 以前より金属音がする。 かなり体積が減り量は前回より少なくなったが

それだけ凝縮された炭になったという事だろう

人の縁で 捨ててしまっていた物から 皆の役に立つものが 新たに産まれた

なんて素晴らしい事だろう

DSC_0013    DSC_0227